DK Voice
暮らし スペック 2016/8/29

共働きでも良好な夫婦関係を続けるためには『家選び』が重要だった!

提供:nanapi

いまや、共働き夫婦は1,000万世帯を超え、専業主婦世帯の1.5倍にもなっている時代。共働きは特別なことではなくなってきました。

共働き夫婦だと、気になるのが「夫婦で過ごす時間が減る」こと。顔を見て会話する時間が減ってしまうことで、夫婦仲がだんだん冷めていってしまうかも…と、不安に思う方も多いのでは?

そんな共働き夫婦の暮らしを応援する賃貸住宅があるんです。今回は、ふたり暮らしにぴったりな大東建託の新しい賃貸住宅「DIYELLA(ディエラ)」の秘密を探ってきました!

共働き夫婦には「スマートに暮らせる」DIYELLAがぴったり!

忙しい共働き夫婦が、スマートに楽しく暮らせる賃貸住宅「DIYELLA」は、カップルの「もっとこうだったらいいのに」を叶えてくれる建物。

いくら好き同士でも、長く一緒に暮らしていると少しずつストレスは溜まっていくものです。

だからこそ、疲れて帰ってきた夜にゆっくりできたり、休日の朝に広々と寛げたりする、開放的な家を選ぶことが大切。自分の時間もふたりの時間も楽しめる空間があれば、お互いに余裕を持つことができます。

1Fは広いリビングを有効活用できるモダンな1LDK

1Fの1LDKの部屋は、13.5帖の広々リビングとスタイリッシュな内観が特徴。

2Fは自由に使えるスペースが豊富な2LDK

2Fの2LDKの部屋は、ロフトとマルチルーム付きで空間を自由にアレンジできます。

DIYELLAで叶えたい、ふたりの暮らし

共働きの夫婦・カップルにとって、「仕事で帰りが遅くなると、なかなかゆっくり会話する時間がない…」「ふたりの時間を増やしたいのに、家事が大変…」という悩みはつきもの。

せっかく一緒に暮らしているのだから、もっと快適で自由に生活して、ふたりの時間を楽しみたいですよね。

DIYELLAは、どんなカップルでもワクワクするような空間作りが特徴。毎日の生活を豊かにしてくれます。例えば…

01:家事の時間も楽しめるうれしい工夫

●キッチン

家事の最中もふたりの時間を楽しみたい。食事の準備をしている間も、楽しくお話ができたらはかどるのに…。

ちょっとした食事もできるフラットカウンターキッチンなら、リビングを広く演出し、ふたりの会話も楽しめます。配膳もラクラクなので、時短にもなりそう。お手入れが簡単なIHコンロも嬉しいですね。

広い空間でかっこいいオープンキッチンは、毎日の料理と食事を快適に、楽しくしてくれます。

●洗面化粧台

また並んで使えるワイドミラーの洗面化粧台には、ふたりの身だしなみグッズがしっかり入る収納棚が。たっぷり収納できるから、片付けやすく、普段のお掃除や片付けもラクラクです。

ふたり一緒なら、お出かけ前の身支度も気分よくできますね。

02:ロフトの活用でふたりそれぞれの趣味が自由に楽しめる

●ロフト(2F)

どんなカップルにも、趣味に没頭したい日があるはず。ロフトを使えば、書庫や収納などに使える空間が生まれます。

ロフトを効果的に使うことで、メリハリのある豊かな暮らしになりますよ。

●マルチルーム(2F)

工夫次第で活用方法が多彩に広がるマルチルームは、空間を自分たちの生活に合わせて自由にデザインできます。

趣味のスペースの延長にしてもよし、リビングを広げてもよし、仕事用の書斎の場所にしてもよし。

マルチルームなら、ふたりの将来のライフスタイルが変わっても、柔軟に対応できそう!

03:友達を呼んでホームパーティーもしたくなる、自慢の外観・内観

●スタイルテラス(1F)

1階に設置しているスタイルテラスは、ハーブや野菜などのちょっとした家庭菜園も楽しめる、小さなお庭。自分好みにガーデニングして、リビングから眺めるのも楽しいですね。

●キッチンパントリー

キッチンには、冷蔵庫ごと隠せるパントリーも。扉は、半透明のスクリーン折戸。キッチンをスタイリッシュに演出しています。

急なお客さまが来ても、さっとパーティションを閉めれば、ふたりのスマートな暮らしを連想させ、お客さまにもうらやましがられるかも。

快適な空間が「忙しいふたりの仲」を応援!

ふたりとも働いているからこそ、家事にかかる時間を減らすことが大切。その分、一緒にのんびり過ごす時間が増やせれば、夫婦仲も保てるはず!

家事にかかる負担を減らせれば、「仕事と家事で忙しくて思わず喧嘩に…」なんてあるあるも解決できちゃうかも?

DIYELLAで、スマートな共働き夫婦の暮らしを見つけてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

進化する賃貸住宅

DK SELECT

ブランドサイトはこちら