DK Voice
暮らし スペック 2016/3/17

もっと気持ちよく暮らせる♪ 忙しい女子を応援する、新しい住まいのカタチって?

提供:マイナビウーマン

慌ただしい毎日だけど、おしゃれも家事も効率的にこなしたい。でも、「キッチンが使いづらくて、つい外食しちゃう」「収納が狭くて服があふれ、部屋が片付かない」と、嘆いている女子は多いはず。「賃貸ってどれも似たような部屋ばかり。引っ越しても同じでしょ?」というのは思い込み! 忙しい働き女子のお眼鏡にかなう住まいがあるんです。

働く女子は欲ばり!みんなの住まいに対するホンネとは?

現在の住まいに満足していますか?
賃貸住宅で、もっと便利になれば良いのに! と思うところは?(複数回答)
どんな住まい(賃貸住宅)に憧れますか?
  • 「ウォークインクローゼットのある家」(35歳/不動産)
  • 「収納がたくさんあり、部屋に置く物の数を減らせるような賃貸」(33歳/食品・飲料)
  • 「キッチンの収納スペースが広いところ」(32歳/建設・土木)
  • 「キッチンが2口コンロだとうれしい」(22歳/情報・IT)
  • 「お風呂とトイレが別」(23歳/金融・証券)
  • 「お風呂場が気持ち広めなのが理想」(25歳/その他)
  • 「追い炊き機能がほしい」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

※出典:マイナビウーマンwebアンケート 2017年2月27日〜3月1日/22〜39歳 働く女性 200名

このアンケートから見えてくるのは、「今の住まいには、まあまあ満足してる。でも、あともう少しだけ、収納やキッチン、お風呂、玄関周りが自分好みだったら……」と、理想の住まいがあと一歩で手に入らず、モヤモヤしている働き女子たちの姿です。ほかに「自分でレイアウトを使いやすいよう変えられる部屋」(37歳/情報・IT) なんて意見も!!

働き女子のリアルボイスから誕生!忙しい毎日にうれしいお部屋アイテムとは?

収納篇

賃貸なのに広々クローゼット!収納たっぷりで部屋スッキリ

女子にうれしいたっぷり収納が自慢です。たとえば、玄関を入ってすぐのところに、ウォークインクローゼットとシューズクローゼットが一つになった「WICシステム収納ラック」をレイアウト。サッとコーデを選んだら、「お出かけフック」に掛けてあるストールなどを合わせて、そのままお出かけ♪ 洗濯機上には、収納ラックも! 洗剤などを置いて、スッキリ整理整頓できます。

キッチン篇

「キッチンバー」で“見せる”収納が叶う!

自分で設置するのが難しい「キッチンバー」を採用! 出番の多い調理器具やキッチン小物が掛けられ、おしゃれで使い勝手のいい“見せる”収納が実現します。

お風呂場篇

明るさを調節できる照明でよりリラックスできる空間に!

調光式の照明が、とことんリラックスできるバスタイムを演出! ちょっぴり明るさを落としてバスタブに浸かれば、今日の疲れもリセットできます。

玄関篇

小さな気遣いが嬉しい!「チョイ掛けフック」で鍵開けもラクチン

重いショッピングバッグや書類の詰まったお仕事バッグを持ったままの鍵開けはツラいもの。「チョイ掛けフック」に荷物をかければ、ラクラクこなせます。

働く女子の「こんなアイテムが欲しかった!」という目線が、いたるところに生かされているお部屋なら、家事もリラックスタイムも思いのまま!

働き女子のワガママをカタチにできた理由とは?

忙しい働き女子を応援する賃貸住宅が生まれたのは、「女子ゴコロ100%プロジェクト」がきっかけ。これは、大東建託の女性社員有志により、働く女性のための賃貸住宅づくりを目指そうと発足したもの。女性がイキイキと輝ける新しい住まいをカタチにしました。
働く女性が心地よく暮らせる賃貸住宅なら

進化する賃貸住宅

DK SELECT

ブランドサイトはこちら